どうでもいい日記~パソコンのCドライブとDドライブの問題

新しくパソコンを買って3か月が経ってる。

まだ、遊び用としてつかっているけど、快適なDELLのデスクトップPCです。

事務、出荷用も、ノートも全部Dellを使う、Dell好きです。

SSDであるCドライブは250Gしかないのに対して、
Dドライブは1TのHDD。

できるだけ、Cは空けたい、プログラムも、データも、Dドライブへ置きたいけど、
どうしてもCドライブにはどんどん追加されてしまい、不安。。

動画編集やアニメーション作業のためのメインPCのなるので、なるべく軽く動いてほしい、
この、
Windows10 PC。

今日は怪しいデータを見つけた。

隠しフォルダーになっているんだけど、ほかのデータを探していて、
そのそばにある、Apple Computerってフォルダを見つけた、これが重い。
57Gもある。
iphoneのバックアップデータみたいだけど
私とってそれほど重要でもないし、
消せないフォルダ。それなのに、57G!

そこで、Dドライブにデータをうつしてリンクする作業、やってみた。

コマンドプロントを開くやつ。
真っ黒い画面に書き込むなんて、ちょっとこわい。

けど、どうせiphoneのバックアップデータだと思えばこわくない。

早速、
mklink /d “C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup” “D:\リンク先フォルダ”
という

調べたコマンドを入力して、エンターを押した。
やっぱり成功しなかった。

失敗の原因は、管理者でコマンドプロントを開いていなかったことで、PCからのメッセージは、
十分な特権がありません。
とでたもんだ。

検索してみたら、管理者で開くために右クリックで’管理者で開く’を選ばないといけないらしい。

なーんだ。

で、管理者で開いてもう一度コマンドをコピペーーー!エンターボタン!

すでに存在するフォルダは作成することができません。
と言われた。

また検索して調べたところ、
同じうような人はいるもので、

リンク元のフォルダは中身だけでなく、そのリンクさせたいフォルダ事削除しておく必要があるということでした。

リンク元は存在していないことが条件。
リンク先は存在していることが条件だそうです。

はじめてのことだけど、うまくいったので、
Cドライブに作られていた無駄な57GはDドライブへ移動してもらうことができました。

あーよかった。

This entry was posted in diary.